ブログ

部分入れ歯を入れてからの5年間、歯が年々ボロボロになっていくのはなぜですか?

今回は、実際に治療を行った患者Aさんを例にお話していきます。

Aさんは、歯が悪くなり抜けたところを部分入れ歯で補っていました。

そこから5年間、悪くなるたびに、歯を補うため部分入れ歯を作られていたのです。

なぜ歯が年々悪くなっていったのでしょうか。

留め金式の部分入れ歯は、留め金を健康な歯にかけて入れ歯を支える仕組みになっています。

入れ歯に掛かる噛む力は非常に大きく、部分入れ歯はその噛む力を部分的に支えるので、一部分に大きな力が集中的にかかります。

この大きな力が留め金に、栓抜きみたいな働きをさせ、噛むごとに健康な歯を抜こうとするような動きをしていたのです。

その結果、留め金を掛けた健康な歯が次々に悪くなり抜けていったのです。

どのようにすればよかったのでしょうか

最初の治療で先を見据えた治療の提案をすることはとても大切です。

先を見据えた治療により、長い年月を費やすことも、歯が悪くなるサイクルを繰り返すこともなかったと言えます。

その治療とは、噛む力を歯と歯茎(粘膜)に上手に分散させられるような治療です。

部分入れ歯以外では最初の選択肢としてどのような選択があったのでしょうか

<<Aさんの場合>>
1:歯が悪くなった部分にインプラントを入れる。
これは隣り合う健康な歯に影響を及ぼすことがないため、健康な歯を守ることが出来ます。

2:上アゴは、残った歯に噛む力を与えず、横揺れ防止のために歯を利用するドイツ式入れ歯のレジリエンツテレスコープ。

下アゴは、入れ歯が全ての歯を固定し、入れ歯と残った歯を一体化するドイツ式入れ歯コーヌステレスコープ。

ドイツ式入れ歯のテレスコープシステムは、残った歯全てと入れ歯が一体になり、揺れないため、噛む力を歯と歯茎に上手に分散させることが出来ます。

大きな力をお口全体で支えるので、健康な歯を守ることが出来ます。

最後に

Aさんは5年後の治療を、上アゴはレジリエンツテレスコープ

下アゴは、コーヌステレスコープにて終えられました。

部分入れ歯を入れてからの5年間は、保険の入れ歯を繰り返し作り、歯を失っただけにすぎません。

歯が悪くなった時点で、その部分だけを治療することは安くて早くて簡単です。

目先の治療に目を奪われ治療を繰り返していては、本末転倒です。

さらに治療は年齢が上がれば上がるほど、体力的にもリスクが大きくなると言えます。

 先を見据えた治療を早い段階で行い、残りの人生を歯で困らない人生にできるといいですね。

Das Beste, oder nichts 「最善か無か」

ドイツ式入れ歯について詳しくご覧になりたい方は、永井歯科HPをご覧ください。

永井歯科HPでは、詳しい説明や実際の症例をご紹介しています。

ドイツ式入れ歯の詳細はこちら

無料相談はこちらから

お問い合わせ・ご相談

お一人お一人しっかりとお時間をおとりして
診療しております。
お気軽にご相談ください。

〒661-0033 兵庫県尼崎市南武庫之荘2-33-6

  • JR神戸線:「立花駅」徒歩10分
  • 山手幹線:「桂木」交差点(駐車場完備)

診療時間

【平    日】 9:40 〜13:00 / 14:30 - 17:50
【土曜日】 9:00 〜12:40 / 13:45 - 17:00
木曜・日曜・祝日 休診

page top
閉じる
Youtube 動画でお口の悩み解決!
永井歯科 Youtube