症例紹介

  • 入れ歯が全然合わない。半ばあきらめ状態

    60代女性の症例

    何度作っても入れ歯が合わず、最近では入れ歯を外して過ごされていた患者さんです。

    治療前

    上は主に左半分にだけ歯が残り、下は主に右側だけに歯が残っています。

    いわゆるすれ違いの嚙み合わせになる一歩手前です。

    上下の嚙み合わさりは、前歯の数本しかありません。

    一般にすれ違い嚙み合わせでは部分入れ歯の治療は超難症例です。

    残った歯が上下の反対の顎骨を著しく吸収させて悪循環となります。

    何らかの工夫をせずに一般的な部分入れ歯治療を行っても治療はうまく行きません。

    続きを読む

  • 一部ではなく、全体を診て・・・

    右下4本のブリッジが失われ来院された患者さんです。

    上アゴは4~5年前から総入れ歯をされていました。
    上アゴの骨は著しく窪んでいました。

    おそらく歯周病で歯を支える骨が溶け、歯にかかる大きな力に耐えられなかったのでしょう。

    患者さんからのリクエストは右下に歯を入れたいことと、上の入れ歯は気に入っているのでそのまま使いたいとのことでした。

    続きを読む
  • 原因はどこに・・・

    Dさん 50代男性の症例

    50代男性の症例をご紹介します。Dさんが永井歯科に初めて来られた時のお口の中の状態です。
    留め金式部分入れ歯をされています。

    レントゲンを見てみましょう。

    部分入れ歯を外してみると、左上、右下に歯がないことが分かります。左右的すれ違いの咬み合わせです。

    上アゴ、下アゴには何本か自分の歯が残っているにも関わらず、自分の歯で咬み合わさるところがなくなってしまい、左右のバランスが悪くなった状態を左右的すれ違い咬み合せといいます。

    続きを読む

  • 顎関節症でマウスピースが手放せず
    ひどい肩こりに悩んでいた患者さん

    Aさんの症例

    Aさんは、歯周病のメインテナンスのために当院に通っていました。
    アゴの関節にお悩みがあるようでしたが、それについては他の病院の先生に診ていただいていて、マウスピースをお使いでした。

    通院してから長く経ったあるとき、アゴのことについてお話してくださいました。
    噛むところがわからず、アゴがガクガクする、肩こりもひどい。それゆえ寝るときにマウスピースを使用しており、マウスピースが欠かせないとのことでした。マウスピースをせずに寝ると、目覚めた際にアゴと肩が物凄くだるくなるそうです。

    一度アゴの観察をさせていただいていいですか?と確認の上で観察してみました。
    首回りや咀嚼筋を触診すると随所に痛みがありました。また、アゴを開け閉めして閉じてみると、歯の一部分が当たってから、ズレながら噛みこんでいました。

    続きを読む
  • 10年前の治療から再び

    Tさん 50代女性の症例

    10年前に歯医者さんでインプラント治療も歯を残す治療もどちらも難しいと言われ、そこからずっと何もしてこなかった患者さんです。
    治療後は、口元が整ったためなのでしょうか、携帯の顔認証が出来なくなったとおっしゃいます。

    治療前の正面写真です。

    右下5番(白い矢印)はプラプラと動いて今にも抜けそうです。
    Tさんは重度の歯周病です。まずは歯周病治療が先です。


    治療前と治療後の表を見比べてみてください。
    歯周病治療5か月後、歯周病菌が大幅に減っています。
    歯周病悪玉菌の代表であるRed Complex値は、143,664→22に大きく減っています。

    Tさんのように、歯周病が悪化して、歯がグラグラし全く噛めない状態で歯医者に来られる患者さんは少なくありません。
    このような状態の場合、どのような選択肢があるのでしょうか。

    続きを読む
  • 歯が残っていても、噛めない。おいしいものが食べたい

    Hさん 90代男性の症例

    96歳のHさんのレントゲン写真です。

    右上、左下には歯がないことが分かります。左右的すれ違いです。

    上アゴと下アゴに何本か歯が残っているにも関わらず、自分の歯で噛むところがなくなってしまい、左右のバランスが悪くなった状態を左右的すれ違いと言います。

    すれ違いの咬み合わせになってしまうと
    「治療をしてもどんどん悪くなる」「顔がゆがんだように変形してしまう」
    などの深刻な症状が現れることもあります。

    続きを読む
  • ピーナッツが食べられる入れ歯に出会えた!ドイツ式入れ歯

    Fさん 70代男性の症例

    この写真はFさんがドイツ式入れ歯の治療を終えられた、78歳の時のものです。

    72歳からの5年間、永井歯科で保険の部分入れ歯の治療を行ってきました。

    年を追うごとに、だんだんと歯がなくなっていき、「とにかく噛めるように、噛めるようになりたい。ただそれだけ」
    そのように思われていました。

    健康保険の入れ歯でもそれほど困っていない、これで十分だと思うこともあったそうです。

    しかし、よくよく考えると今の入れ歯では、大好きなピーナッツが食べられないことは、とてもショックだったそうです。

    続きを読む
  • 前歯が折れた・・・インプラント手術から6年

    Kさん 40代男性の症例

    2016年 自転車の接触事故により転倒し、前歯2本が折れていました。
    救急病院で折れた前歯2本は抜歯してもらい、後日永井歯科に来院されました。

    2022年 今の前歯に不満はなく、何の支障もなく食べたいものをしっかりと噛めているようです。

    6年前にインプラントを入れて以来、これまで前歯が治療した歯だと、人に悟られたことは一度もありません。

    右側1番も全く欠けていたことを感じさせないくらいきれいに馴染んでいます。

    続きを読む
  • 開咬 前歯で噛めない

    20代女性の症例

    奥歯の咬合獲得・犬歯のガイドの獲得

    奥歯を噛み合わせても、上と下の前歯に隙間が出来てしまう。噛めていないのです。

    Sさんは奥歯のくいしばりがあり、中学生のころからマウスピースを使用されていました。

    顎の疲れ、咀嚼時のあごの痛みがあり、永井歯科には顎関節症の改善目的で矯正を希望され来院されました。

    マウスピース矯正(インビザライン矯正)にて、奥歯の噛み合わせ・犬歯の位置の調整を行いました。

    矯正を初めて1ヶ月で顎の痛みはなくなり、大変喜び、驚かれています

    続きを読む
  • インプラントのはずが… 丁寧な治療に納得

    70代女性 Bさんの症例

    右上4番の歯が“プラプラ”と言う状態です。

    Bさんはインプラントを入れるつもりで永井歯科に来院されました。

    失われた箇所に、1本のインプラントを入れるのは簡単です。

    Bさんの歯列は向きがおかしく、奥歯以外は噛めていません。

    咬み合わせでは前歯はとても重要です。奥歯が前歯を守るだけでなく、反対に前歯も奥歯を守る大切な役割を担っているのです。

    噛み合わせなくして、目先の治療を行っても、いずれは壊れていきます。

    インプラント治療より噛み合わせを調整することが優先だと感じました。

    続きを読む

お問い合わせ・ご相談

お一人お一人しっかりとお時間をおとりして
診療しております。
お気軽にご相談ください。

〒661-0033 兵庫県尼崎市南武庫之荘2-33-6

  • JR神戸線:「立花駅」徒歩10分
  • 山手幹線:「桂木」交差点(駐車場完備)

診療時間

【平    日】 9:40 〜13:00 / 14:30 - 17:50
【土曜日】 9:00 〜12:40 / 13:45 - 17:00
木曜・日曜・祝日 休診

page top
閉じる
Youtube 動画でお口の悩み解決!
永井歯科 Youtube