症例紹介

「レジリエンツテレスコープ」に関する症例一覧

  • 歯が残っていても、噛めない。おいしいものが食べたい

    Hさん 90代男性の症例

    96歳のHさんのレントゲン写真です。

    右上、左下には歯がないことが分かります。左右的すれ違いです。

    上アゴと下アゴに何本か歯が残っているにも関わらず、自分の歯で噛むところがなくなってしまい、左右のバランスが悪くなった状態を左右的すれ違いと言います。

    すれ違いの咬み合わせになってしまうと
    「治療をしてもどんどん悪くなる」「顔がゆがんだように変形してしまう」
    などの深刻な症状が現れることもあります。

    続きを読む
  • ピーナッツが食べられる入れ歯に出会えた!ドイツ式入れ歯

    Fさん 70代男性の症例

    この写真はFさんがドイツ式入れ歯の治療を終えられた、78歳の時のものです。

    72歳からの5年間、永井歯科で保険の部分入れ歯の治療を行ってきました。

    年を追うごとに、だんだんと歯がなくなっていき、「とにかく噛めるように、噛めるようになりたい。ただそれだけ」
    そのように思われていました。

    健康保険の入れ歯でもそれほど困っていない、これで十分だと思うこともあったそうです。

    しかし、よくよく考えると今の入れ歯では、大好きなピーナッツが食べられないことは、とてもショックだったそうです。

    続きを読む

お問い合わせ・ご相談

お一人お一人しっかりとお時間をおとりして
診療しております。
お気軽にご相談ください。

〒661-0033 兵庫県尼崎市南武庫之荘2-33-6

  • JR神戸線:「立花駅」徒歩10分
  • 山手幹線:「桂木」交差点(駐車場完備)

診療時間

【平    日】 9:40 〜13:00 / 14:30 - 17:50
【土曜日】 9:00 〜12:40 / 13:45 - 17:00
木曜・日曜・祝日 休診