症例紹介

「リーゲルテレスコープ」に関する症例一覧

  • インプラントを考えていたけれど。。。

    Hさん 50代男性の症例

    ずっとスポーツをされていたので奥歯をぐっとかみしめることから、右上の奥歯がグラグラになり抜けてきました。

    歯がなくなると、食事はいつも歯がある側でしか噛みません。

    同じ歯でしか噛まないので、バランスが悪く、傷んできます。

    永井歯科へは紹介で来院されました。

    ご本人の希望は、右上奥歯にインプラントを入れたいということでした。

    私も、紹介先の院長の見立ても、インプラントでした。

    検査後、インプラントを入れるには、骨が薄く、移植骨や骨補綴材によって、上顎洞(副鼻腔)の底の部分を押し上げる治療が必要だと判断しました。

    骨を作るのに4~6か月間余分に時間がかかります。
    治療後少しの間ですが腫れが生じます。

    そこでもう一つの提案として、ドイツ式入れ歯の部分入れ歯リーゲルテレスコープをお話しました。

    続きを読む
  • インプラントが出来ない、でも噛みたい。「小さく装着感のよいブリッジ」という選択

    Yさん 50代女性の症例

    「えっ あれ? どうやって取り外しするの?」
    出来上がった入れ歯を見たYさんの第一声です。

    完成したコンパクトな取り外せるブリッジ
    右はカギを開けて ブリッジを外せるようにしたところ
    左は外したところ 右は装着したところ

     

    Yさんは50代女性。10年来当院に通われている患者様です。
    当院に来院される前から右下(写真に向かって左下の部分)に一般的な外せないブリッジが入っていました。

    続きを読む

お問い合わせ・ご相談

お一人お一人しっかりとお時間をおとりして
診療しております。
お気軽にご相談ください。

〒661-0033 兵庫県尼崎市南武庫之荘2-33-6

  • JR神戸線:「立花駅」徒歩10分
  • 山手幹線:「桂木」交差点(駐車場完備)

診療時間

【平    日】 9:30 〜12:45 / 14:15 - 17:30
【土曜日】 9:00 〜12:15 / 13:45 - 17:00
木曜・日曜・祝日 休診

page top
閉じる
Youtube 動画でお口の悩み解決!
永井歯科 Youtube