症例紹介

インプラントを考えていたけれど。。。

Hさん 50代男性の症例

ずっとスポーツをされていたので奥歯をぐっとかみしめることから、右上の奥歯がグラグラになり抜けてきました。

歯がなくなると、食事はいつも歯がある側でしか噛みません。

同じ歯でしか噛まないので、バランスが悪く、傷んできます。

永井歯科へは紹介で来院されました。

ご本人の希望は、右上奥歯にインプラントを入れたいということでした。

私も、紹介先の院長の見立ても、インプラントでした。

検査後、インプラントを入れるには、骨が薄く、移植骨や骨補綴材によって、上顎洞(副鼻腔)の底の部分を押し上げる治療が必要だと判断しました。

骨を作るのに4~6か月間余分に時間がかかります。
治療後少しの間ですが腫れが生じます。

そこでもう一つの提案として、ドイツ式入れ歯の部分入れ歯リーゲルテレスコープをお話しました。

リーゲルテレスコープ義歯は、かんぬきを使って入れ歯に「カギ」をかけてしまいます。

義歯と歯にカギをかけてしっかりとロックするので、全く入れ歯が動きません。

土台に使う歯には鍵穴のついた冠をかぶせ、小さな鍵のレバーを開け閉めすることで、入れ歯に歯を固定したり、歯から取り外したりします。

Hさんは入れ歯に対しては、ずっと気持ち悪くて、嫌な感じがすると思われていました。

・部分入れ歯の特徴である留め金もなく、見た目にもすっきりしている

・外科的手術を伴わないで治療ができる

・リーゲルテレスコープはメンテナンスをきちんと行うことで、長きにわたり使い続けることが出来る

・長期的にみれば低コストである

このような理由からドイツ式入れ歯のリーゲルテレスコープに決められたのです

右上3番・4番は土台となる天然歯に冠をかぶせた状態です。

永井歯科ではすべての治療において、咬合診査を行い、全体の噛み合わせを調整します。

治療後は、前まで感じていた口の中のずれもなく、噛みやすく何も気にせず食事ができるとおっしゃいます。

毎日の食事を楽しみ、歯で困らない人生を送れるといいですね。

全ては患者様のために・・・・。


■治療期間
6ヶ月

■費用
120万円(税別)

■リスクと副作用
残った歯に被せる際、ごくまれに歯に痛みが出る場合があります。

その場合神経処置などを行い適切に対応致します。

お問い合わせ・ご相談

お一人お一人しっかりとお時間をおとりして
診療しております。
お気軽にご相談ください。

〒661-0033 兵庫県尼崎市南武庫之荘2-33-6

  • JR神戸線:「立花駅」徒歩10分
  • 山手幹線:「桂木」交差点(駐車場完備)

診療時間

【平    日】 9:40 〜13:00 / 14:30 - 17:50
【土曜日】 9:00 〜12:40 / 13:45 - 17:00
木曜・日曜・祝日 休診