症例紹介

原因はどこに・・・

Dさん 50代男性の症例

50代男性の症例をご紹介します。Dさんが永井歯科に初めて来られた時のお口の中の状態です。
留め金式部分入れ歯をされています。

レントゲンを見てみましょう。

部分入れ歯を外してみると、左上、右下に歯がないことが分かります。左右的すれ違いの咬み合わせです。

上アゴ、下アゴには何本か自分の歯が残っているにも関わらず、自分の歯で咬み合わさるところがなくなってしまい、左右のバランスが悪くなった状態を左右的すれ違い咬み合せといいます。

治療前のお口の中を見てみましょう。部分入れ歯を外した状態です。

すれ違い噛み合わせの状態で入れ歯をした場合、入れ歯と残った自分の歯がかみ合う際に生じる力(白色矢印)は上画像の〇部分の入れ歯を介して下の歯茎に非常に大きな力を掛けます。

Dさんは部分入れ歯を入れて、生活をされていました。

入れ歯を支える歯茎は、この力を1点で吸収するため、歯茎は痩せて下に沈み、入れ歯は合わなくなります。

歯がないところは骨が大きく窪んでしまっています。

噛み合わせは崩れ、うまく噛めていません。

部分入れ歯を入れた状態で、当院で行ったグミによる咀嚼検査を行ったところ、評価は、10段階中4です。

一般的な入れ歯を作っても合わず、調整しても痛い、擦れる、この繰り返しになるのです。

このようなすれ違い嚙み合わせは非常に困難で、入れ歯作りの中では難症例です。

実際にDさんもこのような状態が続いていました。

Dさんは他院で、部分入れ歯の留め金を引っ掛けている歯がダメになり抜歯、部分入れ歯の作り直しを繰り返していました。

何度目かの抜歯の際に「このままだと、上の歯が全部なくなるんじゃないか」という感覚があったそうです。
実際、痛くて食事もうまく噛めない状態です。

きちんと治したいと思いながらも、自分自身が入れ歯について詳しくないため、歯が悪くなったから抜き、食事をするために入れ歯を作ると言う作業は自然な流れだったとおっしゃいます。

このままではよくないと感じながらも、なんとなく治療をされていたのです。

このような患者様は、少なくないと感じます。

専門的に治してくれる歯医者を探したい。
そう思い、永井歯科に来院されました。

永井歯科では咬合診査、レントゲン撮影などを行い、検査結果から2つの治療計画をご提案しました。

1:上アゴは、自分の歯を利用してレジリエンツテレスコープ
  下アゴは、前歯を活用した、コーヌステレスコープ

2:上アゴは、レジリエンツテレスコープ
  下アゴは、インプラントとブリッジ
お口の状態や、ご本人の希望をしっかりとお伺いし、上はレジリエンツテレスコープ、下はインプラントと、2番の治療計画で治療を進めていくことに決まりました。

手術後すぐに、生活に支障がないように仮歯をお渡しします。
仮歯と言ってもしっかりと噛め、Dさんは仮歯のままでもいいと思われたくらいです。

以前は噛めないことにより、食事をする気力がなく、食事はただただ呑み込む作業のようだった、とおっしゃっていたDさん。

治療後は、イカのお刺身やタコ、野菜やたくあん、様々な物を「やっと食べられるようになったんです」とお話してくださいました。
とても嬉しいですね。

以前の永井歯科では、痛いところをただ治すだけの診療を繰り返してきました。

治療を繰り返す患者様を何度も診察していく上で、原因は患者さんではなく、歯医者にあるのではないかとも思うようになりました。

何度も治療を繰り返さない、歯で困らない人生をすごしていただきたい。

私自身多くの学びに参加し、たくさんの学びや出会いを経験しました。

治療とは、ただ痛い所だけ、ただ歯が抜けたところを治療するのではありません。

歯全体、お口全体を診て治療することがとても大切なのです。

現在永井歯科では、インプラント・入れ歯・矯正すべての治療において噛み合わせが最も重要であると考えています。

たとえ失った歯が1本であっても、そこから噛み合わせは崩れていきます。しっかりとした咬み合わせは、噛む力をお口全体で支えてくれます。

噛み合わせは、全ても治療の根底にあります。

Dさんの治療も同じです。

お口全体で治療計画を立て、噛み合わせを考えて治療を進めていきます。

治療期間として1年くらいを予定し、治療の費用も、それに準じて高額になることもあります。

Dさんは最初に金額を聞いた際は、「へ?」と言うのが正直な気持ちだとおっしゃいます。

治療が始まり、インプラント・ドイツ式入れ歯と治療を積み重ねていくうちに、徐々に噛めるようになり、食べられるようになり、笑えるようになっていく。

それがずっと治療ごとに良くなっていることを実感し、治療と費用の相対的効果を実感されたそうです。

実際の治療では、不具合があった際には徹底的に治し、治療が終わって違和感をもったまま次の治療までとはならなかった点も安心して任せることが出来た理由だとおっしゃいます。

全ては患者様の笑顔のために・・・


■治療期間
1年

■費用
 上アゴ ドイツ式入れ歯 レジリエンツテレスコープ
 片顎 140万円    仮歯の入れ歯 20万円(税別)
※模型診断、リハビリ期間中の入れ歯の製作、調整、ドイツ式入れ歯上下の製作調整費を含む

 下アゴ インプラント セラミック
 インプラント 1本45万円   セラミック  15万円

■リスクと副作用
 残った歯に被せる際、ごくまれに歯に痛みが出る場合があります。
 その場合神経処置などを行い適切に対応します。
 インプラントは外来での手術が必要です。高齢や持病によってできない場合もあります。
 清掃の不良があると天然歯の歯周病に類似したインプラント周囲炎が起こることがあります。
 セラミックは割れることがあります。通常の使用で割れた際は、保証の範囲で対応します

お問い合わせ・ご相談

お一人お一人しっかりとお時間をおとりして
診療しております。
お気軽にご相談ください。

〒661-0033 兵庫県尼崎市南武庫之荘2-33-6

  • JR神戸線:「立花駅」徒歩10分
  • 山手幹線:「桂木」交差点(駐車場完備)

診療時間

【平    日】 9:40 〜13:00 / 14:30 - 17:50
【土曜日】 9:00 〜12:40 / 13:45 - 17:00
木曜・日曜・祝日 休診

page top
閉じる
Youtube 動画でお口の悩み解決!
永井歯科 Youtube