ブログ

歯周病で歯が抜けてきてしまった場合、インプラントで対応できますか?

歯周病で歯が抜けてしまった場合、インプラントを入れること自体は可能です。

インプラント治療は、骨に人工の歯根(インプラント)を埋め込むため、骨が大幅に失われている場合骨の回復を待つ、もしくは初めに骨を作る必要があります。

みなさんは歯周病の主な原因が歯周病菌と言うことはご存じですか?

P.g菌、T.d菌、T.f菌の集合であるRed Complexや、A.a菌、P.i菌、F.n菌に代表されるような歯周病菌の悪玉菌が体に影響を及ぼし、歯を支える骨を溶かします。

では骨を作るのが先なのか、歯周病菌の治療が先なのか?どちらでしょう。

 

活動性の高い歯周病菌が口の中にいる場合、まずは歯周病治療を優先しなければなりません。

 

歯周病菌のPCR検査(健康保険非適応)を行った上で歯周病治療を行い、歯周病菌が減少し活動性がなくなったうえで、入れ歯やインプラント治療を行うことが大切なのです。

歯周病治療がきちんと行われた口の中は、インプラントも入れ歯も選択肢は広がってきます。

 

インプラントと言えば、少し高いイメージがありますよね。

2IOD(2インプラント・オーバーデンチャー)はわずか2本のインプラントを入れ歯と連結し、入れ歯の弱点である「ズレる」を解消してくれます。

ケアは簡単で2本のインプラントの部分だけをしっかりと磨くことで、歯周病に似たインプラント周囲炎が起こることを防ぎます。

 

また、ドイツ式入れ歯コーヌステレスコープは取り外しが可能な入れ歯です。取り外すととてもシンプルで磨きやすい形の被せもので、お手入れが非常に簡単です。

歯を磨かない、磨けない方は歯周病が悪化します。歯の形は複雑なのでうまく歯を磨くことが出来ず歯周病が悪化した方にとっては、ドイツ式入れ歯だとお手入れの面で大きなメリットが得られます。

歯周病が治り歯周病菌の減少や活動性が低くなったとしても、再発防止に取り組むことはとても重要です。

歯科医院で歯石の除去や歯周病の点検、家庭での歯ブラシによるブラッシング、デンタルフロスや歯間ブラシなどを使ったしっかりとしたセルフケアの継続が必要です。

皆さんの症状に合わせた歯周病やインプラント治療を歯科医院でご相談されることをお勧めします。

 

Das Beste, oder nichts 「最善か無か」

 

ドイツ式入れ歯について詳しくご覧になりたい方は、永井歯科HPをご覧ください。
永井歯科HPでは、詳しい説明や、実際の症例をご紹介しています。

ドイツ式入れ歯の詳細はこちら

無料相談はこちらから

お問い合わせ・ご相談

お一人お一人しっかりとお時間をおとりして
診療しております。
お気軽にご相談ください。

〒661-0033 兵庫県尼崎市南武庫之荘2-33-6

  • JR神戸線:「立花駅」徒歩10分
  • 山手幹線:「桂木」交差点(駐車場完備)

診療時間

【平    日】 9:40 〜13:00 / 14:30 - 17:50
【土曜日】 9:00 〜12:40 / 13:45 - 17:00
木曜・日曜・祝日 休診