ブログ

兵庫県でドイツ式入れ歯、テレスコープ義歯をお探しの方は当院へお越しください。

 

入れ歯は、精度の高い技術と噛み合わせを重視した調整力が必要です。
ほんの少しのずれでも、違和感や痛みが出てしまいます。

永井歯科では、しっかりと噛める歯を提供するため、入れ歯ではドイツ式入れ歯を推奨しています。

ドイツ式入れ歯は歯科医療先進国として知られるドイツで、質の高い長持ちする治療としてドイツ人の考えから生まれたものです。

1886年に始まり130年以上の歴史があります。

今まで入れ歯が合わなかった方や見た目が気になると言う方、持病などでインプラントが出来ない方、インプラントは怖いと言う方におすすめの入れ歯です。

ドイツで長い歴史がある一方で、製作に高度で熟練した技術が必要なことから、治療に対応している歯科クリニックが少ないのが現状です。

日本の歯科大学や歯科技工士学校で、テレスコープの技術指導は行われていません。

噛み合わせの調整や、高い技術を持つ歯科技工士によるドイツ式入れ歯「テレスコープ」製作には不可欠です。

治療を希望する方は永井歯科へご相談ください。

永井歯科の歯科医師はIPSG包括歯科医療研究会でドイツ式本来のテレスコープ義歯を学び、IPSGのすべてのセミナーを履修しています。

IPSG代表の稲葉繁先生は1978年にドイツチュービンゲン大学で教鞭をとりながら、Prof.E.Koeber教授から直接指導を受けコーヌステレスコープを日本に持ち帰った第一人者です。

その技術を直接学ぶことができる全国に20名しかいないVIP会員として、今なお日々技術の研鑽を続けています。

確かなドイツ式入れ歯の医療技術を兵庫県で提供しているのです。

ドイツ式入れ歯「テレスコープシステム」は大きく分けて、
「リーゲルテレスコープ」「コーヌステレスコープ」「レジリエンツ・テレスコープ」の3タイプがあります。

「レジリエンツ・テレスコープ」・・・基本的に残っている歯が3本以下の方に適用される
「リーゲルテレスコープ」・・・・・・かんぬきのような部品を使って入れ歯を固定する
「コーヌステレスコープ」・・・・・・歯に被せる内冠の上に入れ歯本体と外冠を被せる

稲葉繁先生の教えを学んだIPSGの噛み合わせの認定医「No.18」として、患者様のお口の状態に合わせて噛み合わせの調整を行い、一人一人に合った治療の選択肢をご提供する入れ歯治療に取り組んでいます。

Das Beste, oder nichts 「最善か無か」

ドイツ式入れ歯について詳しくご覧になりたい方は、永井歯科HPをご覧ください。
永井歯科HPでは、詳しい説明や、実際の症例をご紹介しています。

ドイツ式入れ歯の詳細はこちら

無料相談はこちらから

お問い合わせ・ご相談

お一人お一人しっかりとお時間をおとりして
診療しております。
お気軽にご相談ください。

〒661-0033 兵庫県尼崎市南武庫之荘2-33-6

  • JR神戸線:「立花駅」徒歩10分
  • 山手幹線:「桂木」交差点(駐車場完備)

診療時間

【平    日】 9:40 〜13:00 / 14:30 - 17:50
【土曜日】 9:00 〜12:40 / 13:45 - 17:00
木曜・日曜・祝日 休診